ホンダ フィットアリア をマイナーチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ フィットアリア をマイナーチェンジ
ホンダ フィットアリア をマイナーチェンジ 全 1 枚 拡大写真
ホンダは、スモールセダン『フィットアリア』のスタイリングを一新するとともに、1.5リットルVTECエンジンを新たに搭載して28日から販売開始した。

フィット アリアは、ホンダのタイ工場で生産し日本に輸入している。今回の改良では、タイプ構成を新たに「1.5C」、「1.5A」、「1.5W」の3タイプとし、エンジン排気量を従来の1.3リットルと1.5リットルから1.5リットルに一本化した。

さらに「1.5L i-DSI」エンジンに加え、力強い走りと低燃費を両立した「1.5L VTEC」エンジンを1.5W、1.5Aとして新たに設定した。

スタイリングは前後エクステリアデザインを一新した。新デザインのフロントヘッドライト、フロントグリル、リアコンビネーションランプ、前後バンパーなどを採用することで、上質なセダンのスタイリングの実現を目指した。1.5Wには、自発光メーター、プリントアンテナを採用した。

価格は1.5WのFFが150万1500円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • ブリッツ DAMPER ZZ-R(トヨタ ヤリス:FF)
  • フィットクロススター
  • ホンダ フィットハイブリッド(NESS)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ