【インプレ'05】伏木悦郎 プジョー『407』デザイン重視ゆえに気になるリヤの居住性

試乗記 国産車
【インプレ'05】伏木悦郎 プジョー『407』デザイン重視ゆえに気になるリヤの居住性
【インプレ'05】伏木悦郎 プジョー『407』デザイン重視ゆえに気になるリヤの居住性 全 1 枚 拡大写真
何だこのスタイリングは! 初めてその姿を見たときには思わず顔をしかめてしまった。

全長、全幅、ホイールベースともに大きく拡大されたボディは、ほぼ完全なるデザインコンシャス。ボンネットからスムーズにウインドシールド→ルーフラインとつなげるために思い切ったキャビンフォワードが成されている。結果として大きな3角窓を必要とするようになったのは、最新のプジョー車に共通する傾向だ。

たしかにプロポーションはスムーズなまとまりだが、パッケージングは退行した。とくにリアシートの居住性はセダンでこれはあり? 横置きFFで納得の行く3ボックスセダンを作るのは難しい。そのことを思い知らさせる好例だ。自然なまとまりを見せるワゴンのSWやクーペとのギャップは気になるところだ。

走りは悪くないんだよ、2.2リッター 直4も3リッターV6も。少なくともフロントシートで味わうしなやかな乗り心地とハンドリングはね。でも俺が欲しいセダンじゃない。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★☆☆☆


伏木悦郎| 自動車評論家
70年代にレースを志し富士スピードウェイで参戦。その間偶然知り合った自動車雑誌編集者にスカウトされる形で業界入り。78年から一貫してフリーランス。FRの魅力に傾倒し国産車によるコンパクトFRの再生が宿願。

《伏木悦郎》

【画像】【インプレ'05】伏木悦郎 プジョー『407』デザイン重視ゆえに気になるリヤの居住性(1枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  2. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  3. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  4. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  5. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  6. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  9. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  10. 【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義
ランキングをもっと見る