横浜ゴム、確定拠出年金制度を導入

自動車 ビジネス 企業動向
横浜ゴムは、1月1日付けで、税制適格退職年金の契約を解約し、退職年金制度の一部を確定拠出年金制度に移行したと発表した。

退職給付額全体に占める確定拠出年金の割合は35%程度になる見通し。同社は、昨年12月13日付けで、厚生労働省から確定拠出年金制度導入の承認を受けている。

同社では、確定拠出年金制度移行に伴う、退職給付債務の減少により連結、単独決算で約42億円の特別利益の計上を見込んでいる。通期の業績予想については、連結、単独決算ともに変更は無いと、している。

《レスポンス編集部》

ピックアップ