GM、軽量のハイブリッド車用トランスミッションを開発 生産

自動車 ニューモデル 新型車
ゼネラルモーターズ(GM)は、米国初の軽量ハイブリッド車用トランスミッションを設計・生産すると発表した。
 
新しい2モード・ハイブリッド・トランスミッションの生産拠点はGMのボルチモア・トランスミッション工場で、来年生産を開始する予定。このトランスミッションは、GMの新型フルサイズSUVのシボレー『タホ』、GMC『ユーコン』に搭載する。これらの車両の組立はテキサスのGMアーリントン工場で行われる。

GMが米国で設計・生産したハイブリッド・トランスミッションにはもう1種類ある。2003年にGMが生産を開始した市バス用の大型2モード・トランスミッションで、これまで388台のハイブリッド駆動システムをインディアナ州のインディアナポリス工場で生産し、北米29都市およびヨセミテ国立公園の輸送システムで活用されている。2006年には216台のハイブリッド・バス駆動システムを受注している。
 
GMは、新型後輪駆動2モード・ハイブリッド車用のトランスミッションを生産するため、GMパワートレインのボルチモア・トランスミッション工場に1億1800万ドルの投資を行う予定で、新たに87人を雇用する予定。

GMのリック・ワゴナー会長兼CEOは「2モード・ハイブリッド・トランスミッションは、ハイブリッド技術を大きく前進させるもので、多種多様な一般車両にさまざまなハイブリッド・システムを提供するというGMのユニークな戦略の鍵となる。複数の柱からなるハイブリッド・プログラムは、GMの乗用車やトラックが環境に与える影響を低減できる」としている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2006/02/08/79151.html/article/2006/02/08/79150.html/article/2006/02/08/79152.html