【スバル ステラ 発表】新開発CVTを搭載

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル ステラ 発表】新開発CVTを搭載
【スバル ステラ 発表】新開発CVTを搭載 全 2 枚 拡大写真
新型軽自動車の『ステラ』には、今までのスバルとの軽自動車とは違う、新開発CVTが搭載されている。その狙いはどこにあるのか、スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの宮脇基寿さんに話を聞いた。

「ステラの車体の基本となるプラットフォームやエンジンなどは『R2』との共用部分が多いですが、CVTは新開発したものを、いち早く採用しています。このCVTは主に、燃費性能を向上することが目的です。新しいCVTを採用した結果、ステラはトールワゴン系ではトップレベルの燃費性能を実現することができました」とコメント。

事実、ステラの10・15モード燃費はDOHCエンジン搭載車でリッターあたり22.5kmを実現しており、ライバル車と比較しても優れた数値をマークしている。新開発のCVTのフィーリングは実際に試乗してみないと分からないが、スペックに関しては新開発のCVTを導入した効果はすでに現れているようだ。

《岡島裕二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ・タント(2018年)
  • スバル ステラカスタム Rスマートアシスト
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置 車載インジケーター(作動時イメージ)
  • ダイハツ・ミライース
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV