【ダイハツ ソニカ 発表】“最高”のモデルベースに“最低”の新型?

自動車 ニューモデル 新型車
【ダイハツ ソニカ 発表】“最高”のモデルベースに“最低”の新型?
【ダイハツ ソニカ 発表】“最高”のモデルベースに“最低”の新型? 全 4 枚 拡大写真
ダイハツの新型軽自動車『ソニカ』のベースとなったのは、同社の軽モデルの中でホイールベースがもっとも長い、トールワゴンの『タント』。ワンボックスを除き車高が最大のモデルから、車高がいちばん低いモデルが生まれたのだ。

タントのプラットフォームはエンジンルームがきわめてコンパクトに設計されており、室内長を大きく取ることが可能だ。ソニカは全高1470mm、ルーフアンテナの基部を除いた実質値は1450mmで、今日の軽セダンのなかでもきわめて低いが、室内を見ると前後方向のきゅうくつ感はまったくない。2440mmFFモデル最大級のホイールベースのおかげと言える。

《井元康一郎》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ ソニカを一部改良…内外装を変更
  • ダイハツ ソニカ に資源エネルギー庁長官賞
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV