【ダイハツ ソニカ 発表】燃費だけでなく加速も向上

自動車 ニューモデル 新型車
【ダイハツ ソニカ 発表】燃費だけでなく加速も向上
【ダイハツ ソニカ 発表】燃費だけでなく加速も向上 全 3 枚 拡大写真
ダイハツの新型軽自動車『ソニカ』(19日発表)には新開発の自社製CVTが初めて採用されている。このCVTは従来まで4軸が主流だったギヤトレーンの構造を、世界初の3軸構造とすることで小型化と軽量化を実現した、まったく新しいタイプだ。

ダイハツ工業 第一ドライブトレーン室の米澤俊也さんは「このCVTはエンジンからの入力がある1軸目に減速と逆転を行う小型のリダクションギヤを設けることで、3軸化を実現しています」

「3軸とすることで軽自動車に合うコンパクトなサイズとすることができ、重量も世界最軽量の58kgを実現しました。CVTを採用することで、ATと比較して、加速性能を10%向上することができ、なおかつ燃費性能も約15%も改善することができました」という。

リッターあたりの10・15モード燃費は23km/リットルを達成しており、軽自動車のターボの中ではダントツの低燃費をマークしている。

また、ソニカはエンジンも新開発のターボエンジンが初採用されているので、ダイハツの最新のパワートレーンが真っ先に搭載されていることになる。ソニカは“爽快ツアラー”をコンセプトとするだけあり、パワートレーンには力が入っているようだ。

《岡島裕二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ ソニカを一部改良…内外装を変更
  • ダイハツ ソニカ に資源エネルギー庁長官賞
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ