GMの早期退職に3万5000人が応募

自動車 ビジネス 企業動向
GMの早期退職に3万5000人が応募
GMの早期退職に3万5000人が応募 全 1 枚 拡大写真
米GM(ゼネラル・モーターズ)は26日、北米工場の時間給従業員を対象に募集していた早期退職制度に約3万5000人が応募したと発表した。昨年11月に発表した北米リストラ計画で、3万人の従業員削減を盛り込んでいたが、計画を上回る応募となった。

応募者は今年末までに退社する見込みであり、2008年末としていた人員削減計画は2年前倒しされる見通しとなった。これに伴い、年末までの北米事業のコスト削減目標を従来の年70億ドルから80億ドルに引き上げた。

GMの元部品子会社で経営再建中のデルファイも同日、早期退職制度の応募が1万2600人になったと発表、両社の人員削減が一気に進むことになった。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダとGMの燃料電池合弁会社が入るGMの米ミシガン州のバッテリーパック生産工場
  • 車内を除菌・抗菌して清潔な状態に保つ新アフターサービス「パーマセーフ」を開始
  • GMの米国テネシー州スプリングヒル工場
  • GMとLG Chemの合弁会社、ウルティウム・セル社のバッテリー工場の完成予想図
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ