アウディの上半期、販売台数が過去最高、世界で好調

自動車 ビジネス 企業動向
アウディは2006年上半期(1月−6月)の全世界の販売台数が前年同期比9.8%増の46万3500台となり、上半期として過去最高を記録したと発表した。 

アウディAGのマルティン・ヴィンターコルン会長は「上半期の実績は、今年のアウディ新車販売台数が11年連続して記録を伸ばすことを期待させるもので、2006年度の目標は、昨年の記録を5万台上回る新記録を達成すること」とコメントしている。

西ヨーロッパでは、最も大きな成長を示したのは、イギリスで、同3.2%増の4万6560台を販売した。販売台数順では次にイタリアが3万0218台、同9.7%増だった。スペインやフランス、ベルギーも好調だった。ドイツを除く西ヨーロッパの輸出マーケットにおける全販売台数は、同5.6%増の20万5400台だった。

また、最大の成長を見せたのは中国マーケットで、同94.2%増の3万8838台と約2倍に増えた。

アウディにとって重要な輸出市場であるアメリカは同7.3%増の4万0455台だった。アメリカでは6月に新型『Q7』を市場導入、好調なスタートを切っている。

さらに、東ヨーロッパにおけるアウディ販売も同様に好調で、同29.7%増の1万3800台だった。特に、最大のマーケットであるロシアでは、同51.8%増の4124台だった。

アウディの最大販売マーケットであるドイツ国内市場では、全体需要は低迷したが、アウディは同1.1%増の12万7498台と販売台数を伸ばした。マーケットシェアは0.1ポイントアップして7.5%だった。

上半期におけるアウディ販売は、世界39のマーケットで販売新記録を達成した。

車種別では、『A3スポーツバック』と『A6』の好調な販売が寄与した。A3スポーツバックの世界販売台数は同23%増の約8万6400台、A6は同32%増の約11万9000台だった。『A8』は、同10%増の1万1600台だった。 

ヨーロッパで3月に市場導入されたQ7は1万6800台が納車された。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Response.TV