【インプレ'05】津々見友彦 プジョー『407』 感性に訴えかけるクルマ

試乗記 国産車
【インプレ'05】津々見友彦 プジョー『407』 感性に訴えかけるクルマ
【インプレ'05】津々見友彦 プジョー『407』 感性に訴えかけるクルマ 全 1 枚 拡大写真
美しい! 多少フロントオーバーハングが長いのが気になるものの、優美なエクステリアはプジョー車ならでは。インテリアも、知的な雰囲気とセンスよく整理されたデザインで心地よさをもたらしてくれる。

シートはかっちりした硬めのもので、身体をしっかりと保持でき、好ましい。リヤシートはヘッドルームのゆとりはあまりないが、しっとりと座り込めリラックスできる。

V6、3リッターの走りは上質。アイドリングも静かだが、走り出してもシルキーな走り感。2500rpmあたりからトルクがスムーズに出て、0-400m加速の雰囲気は17秒台前半。じつに軽快で心地よい加速感だ。

さらに乗り心地がマイルドなのに驚く。荒れた路面でも心地よく通過してくれ、フランス車らしい“猫足”感のある上品な走りだ。

操縦性は比較的小さな舵角では応答は大人しいが、切り込み出すと、思ったよりスポーティな応答。高速道路の安定性とワインディングの走りを両立しているよい特性だ。お洒落で、質の高い走りをもったセダンだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。

《津々見友彦》

【画像】【インプレ'05】津々見友彦 プジョー『407』 感性に訴えかけるクルマ(1枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  4. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  5. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  6. 「防災車両の敷居を下げる」ヤマハの悪路対応『トリシティ』と洪水救難艇がめざすもの…危機管理産業展2021
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表[動画]
  9. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  10. BMW 1シリーズ、180台限定の「インディビジュアルエディション」発売
ランキングをもっと見る