【インプレ'06】ピーターライオン ダイハツ『ソニカ』 意表をつく空間

試乗記 国産車
【インプレ'06】ピーターライオン ダイハツ『ソニカ』 意表をつく空間
【インプレ'06】ピーターライオン ダイハツ『ソニカ』 意表をつく空間 全 1 枚 拡大写真
走りの軽として『ソニカ』の完成度は高い。まずデザインから。フロントマスクはクリーンな仕上がりなんだけど、『エッセ』とか『ラパン』とか『i』ほどの個性はない。しかし、リアに回ってみると、「何これ?」と思わずつぶやいてしまう。

Dピラーからサイドガラスにわたってのシックなデザインと、テールライトなどのコンビネーションがカッコいい。

まず身体の大きなボクからいわせてもらうと、室内は思っていたより広い。シートの低さが効いているだろう。

新開発のパワートレーンも大きく評価したいところ。7速CVTと組み合わせられたターボ付き3気筒エンジンの立ち上がりがスムーズで、軽にしては、発進からストレスなく元気に加速してくれる。ただ、3000rpmを超えたところでタービンやCVTから発するノイズが多少気になる。

直進安定性もいいし、ワインディングではサスがしっかりと踏ん張ってくれるから、ドライバーに自信を与えてくれる。15年前にあった『ミニカダンガン』などのぶっ飛び軽スポーツを思い出せてくれた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


ピーター ライオン|モータージャーナリスト/コラムニスト
60年豪州生まれ。88年から東京を拠点に自動車評論活動を始める。現在、米・英・独・伊・豪・日本など10カ国の有力誌に寄稿。(日本)COTY、(米)『カー&ドライバー』誌「10ベスト賞」、ワールドCOTY賞、国際エンジン賞、各選考委員を務めている。

《ピーター・ライオン Peter Lyon》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントTDI ハイライン。鹿児島の磯海水浴場にて。
  • メルセデスベンツ GLA 新型(GLA200d 4MATIC)
  • アウディ Q3 新型(Q3 35 TDI quattro S line)
  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ