トヨタ ラウム の福祉車両を改良

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ自動車は5日、『ラウム』の福祉車両を一部変更し発売した。助手席リフトアップシート車には折りたたみ式の大型フットレスを採用し使用性を高めたほか、ロールカーテンを追加し見栄えや安全性に配慮した。

フレンドマチック車には、操作性を向上させた手動運転補助装置を採用するとともに、「タイプ2」には新型の手動車いす用電動格納装置を標準装備し、乗車定員を2名から3名に増員した。

メーカー希望小売価格は、助手席リフトアップシート車が185万−222万円、フレンドマチック車が202万5000−236万5000円(北海道、沖縄を除く)。

《レスポンス編集部》

ピックアップ