ダイハツ100周年…福祉車両100台を自治体に寄贈

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツ工業は、3月1日で創立100周年を迎えたのを記念して、軽自動車の福祉車両100台を自治体に寄贈する。

高齢者やハンディキャップを持つ人の日常生活、社会進出を支援するため、ダイハツの軽自動車の福祉車両を自治体に寄贈する。

地元である大阪府の協力も得て、全国知事会を通じて、47都道府県自治体に各1台と人口1000人以上の離島、また、1000平方キロメートル当りの鉄道営業キロ数が全国平均以下の自治体を中心に、合計100台を寄贈する。

《レスポンス編集部》

ピックアップ