【インプレ'07】岡島裕二 マツダ『CX-7』 スポーツカー感覚のSUV

試乗記 国産車
【インプレ'07】岡島裕二 マツダ『CX-7』 スポーツカー感覚のSUV
【インプレ'07】岡島裕二 マツダ『CX-7』 スポーツカー感覚のSUV 全 1 枚 拡大写真
SUVとスポーツカーを融合させるという、じつにマツダらしい発想が面白い!実際にハンドルを切った瞬間にスパッとノーズの向きが変わって、スポーツカー感覚のハンドリングを楽しむことができる。多少乗り心地は硬いが、それもスポーツカー感覚ということで納得できてしまう。

エンジンも2.3リットルながら、デキのいい直噴ターボのおかげで、パワフルな走りを味わえる。ボディが大きいので、重さを感じるかと思ったが、低速トルクが太いので、そんな心配は杞憂だった。

スポーティなエクステリアや、スポーツカーを意識したインテリアなど、マツダらしいこだわりも随所に散りばめられており、今までのSUVにはなかった雰囲気を持っているのも魅力。

北米がメインマーケットなので、大きめのボディサイズだったり、それにともなって取り回しがよくなかったりと、日本国内で乗るにはツラい部分もあるが、これだけ走らせて面白いSUVは、ほかには見つからない。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


岡島裕二|モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。

《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ