【ダッジ日本導入】邪悪なマスク アベンジャー

自動車 ニューモデル 新型車
【ダッジ日本導入】邪悪なマスク アベンジャー
【ダッジ日本導入】邪悪なマスク アベンジャー 全 3 枚 拡大写真
ダイムラークライスラー日本は、6月から導入するダッジ・ブランドの第1弾としてダッジ『アベンジャー』を市場投入する。

アベンジャーは、アグレッシブなデザインを採用、フロントから伝統のダッジのデザインを明確に打ち出した。ダッジの象徴の十字グリルと大型4灯ヘッドライトによって威圧的な視線を強調するとともに、グリルにクロームも採用し、他の部分をブラックとすることで、「邪悪なマスク」を演出している。

サイドビューは、たくましいリアショルダーやリアドアの独特な「キックアップ」、大型ホイール&タイヤやすらりとしたリアスポイラーによって大胆でパワフルなイメージを強調した。

Bピラーには、ブラックのカバーを施し、サイドウインドウ前後を長く見せることで、車が停車していても前進しているような印象を与えるとしている。

エンジンは2.7リットルV6エンジンを搭載した。前輪駆動用の新しい「D」プラットフォームをベースに開発、4輪に独立懸架サスペンションを採用した。

価格は未公表。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ ラムレベル TRX 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 週刊『ワイルド・スピード ダッジ・チャージャーR/T』
  • OPEN ROAD(東京モーターショー2019)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ