06年度四輪車輸出台数、5年連続でプラス

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車工業会が発表した2006年度の四輪車輸出台数は、613万421台で、前年度比16.6%増となり、5年連続でプラスとなった。

車種別では、 乗用車 が544万2918台で同18.4%増、トラックが58万7900台で同1.1%増、バスが9万9603台で同24.4%増と全てプラスだった。

このうち、ノックダウン方式の輸出は、乗用車が17万5138台、同1.5%増、トラックが20万693台で同3.7%増、バスが1万79台で、同2.7%増となった。

輸出金額は、車両分が 1076億6802万ドル、部品分が289億9210万ドルで、総額1366億6012万ドルとなり、前年度に対して、11.9%増だった。

生産に占める輸出の割合は、1150万1208台の生産に対し、前年度と比べて5ポイントアップの53.3%となった。

仕向け地別では、アジアとその他地域を除いてプラスだった。特に北米向けは同28.2%増と急増、欧州向けも同11.2%増だった。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2007/04/27/94177.html/article/2007/04/27/94175.html/article/2007/04/27/94199.html