クライスラーがロシア企業に? マグナに出資者

自動車 ビジネス 企業動向
クライスラーがロシア企業に? マグナに出資者
クライスラーがロシア企業に? マグナに出資者 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く国際的自動車部品サプライヤー、マグナインターナショナル社。のフランク・ストロナハ会長が10日、「ロシアのコングロマリット、ベーシック・エレメント・グループがマグナの株式15億4000万ドル分を取得することに合意した」と発表した。

ベーシック・エレメントの100%子会社、ラシアン・マシーンズが、マグナインターナショナの大株主、ストロナハ・トラストからマグナインターナショナの株式を取得したもの。マグナインターナショナはダイムラークライスラーに対し、クライスラー部門の買収を持ちかけている。

この発表の意味するところは大きい。まず、マグナはクライスラー買収の「頭金」を調達、借金なしで買収話が進められるという点で優位に立った。また、マグナは自動車産業が発展途上であるロシアにも自動車パーツメーカーとしての足場を築いた。さらに、クライスラーの車をロシア国内で販売する用意も進められる、という点だ。

マグナではベーシック・エレメントが取得したマグナの株式が全体の何パーセントに相当するか、などは発表していない。しかし『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙の試算によると、この株式取得でベーシック・エレメントはマグナの役員14人のうち6人を自社から送り出す権利を得たはず、という。

また、ラシアン・マシーンズはロシア二番手の自動車メーカー、GAZの株主でもある。GAZは「ボルガ」ブランドでミニバン、トラック、バス、乗用車などを作っているメーカーだ。そのラインアップはクライスラーグループと見事に重なる。

つまり、買収話が進めばクライスラーとGAZを一体化させ、ロシアに基盤を置く自動車メーカーにする、という展望もありえる。さて、この話の先行きは?

《Sachiko Hijikata, US editor》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • BMW Z4 新型の開発プロトタイプ
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2007/05/11/94524.html/article/2007/05/11/94502.html/article/2007/05/11/94525.html