ジャンボフェリーETC乗船、バイクも対象にして期間延長

自動車 テクノロジー ITS
ジャンボフェリーETC乗船、バイクも対象にして期間延長
ジャンボフェリーETC乗船、バイクも対象にして期間延長 全 1 枚 拡大写真
ジャンボフェリー・神戸−高松間で3月から8月末までの予定で実験運用中だった、ETC乗船実験は、9月1日以降、2008年3月末まで期間を延長した。同時に、オートバイも乗船実験の対応とした。

事前に申し込んだETC搭載車はドライブスルーで乗船できる。運賃は通常より若干割り引かれるほか、乗用車は同乗者が無料になる。

●実証実験期間
2007年3月1日(木)−08年2月29日(金)
●対象区間:ジャンボフェリー
神戸−高松
●対象車種
乗用車:6m未満の車両、車検証の用途が乗用のもの
バイク:126cc以上

参加申込 
●ITS事業企画(IBAサービス)への事前参加申込が必要。ウェブサイトまたはFAXで申し込む。
●参加申込の際に登録手数料が必要。
●申し込み受付後、登録完了まで1週間ほどかかることがある。

運賃
●普通車:6390円(運転手1名含む)
通常:6590円、同乗者1名:大人1340円
●126cc以上のバイク:3840円(運転手1名含む)
同乗者1名:1340円
通常:3990円、同乗者1名:大人1340円

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ