【シカゴモーターショー08】スズキ初の中型ピックアップトラック

自動車 ニューモデル モーターショー
【シカゴモーターショー08】スズキ初の中型ピックアップトラック
【シカゴモーターショー08】スズキ初の中型ピックアップトラック 全 1 枚 拡大写真
スズキは、米国販売子会社アメリカンスズキが、2月8日から一般公開される米国シカゴオートショー(シカゴモーターショー)に、中型ピックアップトラック『イクエーター』を出品すると発表した。

イクエーターは、スズキが北米市場に初めて投入する中型ピックアップトラック。アメリカ市場でのラインナップを拡充するとともに、スズキが海外で展開している「Way of Life!」のブランド戦略に基づいてスズキブランドの向上を目指し、スズキ車のさらなる拡販を図っていく計画だ。

シカゴオートショーでは、オフロードバイクを積載した「イクエーターRMZ-4」、ATVを積載しアウトドアでの使用を想定した「イクエーター・クアッド」、釣りやウォータースポーツなど水辺での使用を想定した「イクエーター・キー」の3タイプを参考出品する。

イクエーターは、2008年10月以降、北米での販売を計画しており、顧客の使い勝手にあわせて、2種類の荷台形状のモデルを設定、エンジンは2.5リットルと4.0リットルV6エンジンを用意する。駆動は後輪駆動と四輪駆動が選択できるなど、幅広い顧客層への販売を目指す。

中型ピックアップトラックのイクエーターは、日産自動車の北米子会社である北米日産のテネシー州スマーナ工場で、日産の『フロンティア』をベースに生産され、スズキブランドにてOEM供給されるもの。

イクエーターとは、「赤道」を意味する。

《レスポンス編集部》

【画像】【シカゴモーターショー08】スズキ初の中型ピックアップトラック(1枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  4. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  5. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  6. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  7. 商用車にもAMG !? メルセデスベンツ『シタン45』設定のウワサ
  8. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  9. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  10. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
ランキングをもっと見る