【シカゴモーターショー08】スズキ イクエーター…ピックアップは依然人気

自動車 ニューモデル モーターショー
【シカゴモーターショー08】スズキ イクエーター…ピックアップは依然人気
【シカゴモーターショー08】スズキ イクエーター…ピックアップは依然人気 全 5 枚 拡大写真
スズキは、シカゴモーターショーで同社初のミッドサイズピックアップ『イクエーター』を発表。さらにイクエーターベースのティザーモデル3台を出品した。

イクエーターは、北米日産がテネシー州スマーナ工場で生産する『フロンティア』をベースにOEM供給を受けるもので、今年第4四半期に北米で発売される。

ボディバリエーションはエクステンデット・キャブ+レギュラーベッド、クルーキャブ+レギュラー / ロングベッドの3タイプ。エンジンは152HPを発揮する2.5リットル4気筒(5MT/5AT)と261HPの4リットルV6(5AT)の2種類で、それぞれ2WDと4WDを選ぶことができる。

アメリカン・スズキ副社長のジーン・ブラウン氏は、「ピックアップ市場が縮小傾向にあると言われているアメリカで、今、スズキがミッドサイズピックアップを発売するのは意味のあることです。販売が減少しているとはいえ、昨年の新車販売台数の6台に1台がピックアップ。依然として巨大市場であることには変わりはありません」という。

「北米ではモーターサイクルメーカーとして高い認知度を持つスズキブランドですが、既存のオートバイ及び水上バイクオーナーの半数以上がピックアップを所有しており、スズキブランドのピックアップ登場を望む声も高いのです。また、北米ディーラー網の商品ラインナップ充実を図るには、ピックアップは必要不可欠です」とのこと。

《ケニー中嶋》

【画像】【シカゴモーターショー08】スズキ イクエーター…ピックアップは依然人気(5枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  4. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  5. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  6. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  7. ベントレーが空軍基地でドリフト、659馬力を解き放つ…コンチネンタル GT スピード 新型[動画]
  8. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  9. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  10. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
ランキングをもっと見る