トヨタ・ダイハツ・富士重…提携拡大のメリットと温度差

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ・ダイハツ・富士重…提携拡大のメリットと温度差
トヨタ・ダイハツ・富士重…提携拡大のメリットと温度差 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車、ダイハツ工業、富士重工業の3社は10日、開発・生産における新たな協力関係についての記者会見を行った。その席上、3社の社長は今回のメリットについて次のように述べた。

「富士重工は開発・生産の部分で、私どもの力強いパートナーと考えているので、そのメリットは非常に大きい。これからどうしていくかについては、いい関係の中でさらに見つけられたらいいと思っている」とトヨタの渡辺捷昭社長。

一方、富士重工の森郁夫社長は「いま中期経営計画で選択と集中を進めていきたいと思っている。そういう意味で、われわれのコアな部分に集中していくため、手薄である商品を補完してもらえるということは非常に大きなメリットである」と述べた。

また、ダイハツ工業の箕浦輝幸社長は「トヨタグループの力を強化していくことに貢献できるということでうれしく思う。責任を持って供給していく。それからもう一つは、シナジー効果をどうやって出していくか、生産・技術交流を通じてやっていきたい」と述べた。

このように3社の社長の話には多少温度差も感じられ、特に富士重工の切実さが際立っていた。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • まもなく発売される新型レヴォーグ。写真はプロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル・レガシィ(米国仕様)
  • スバル、インディアナ工場
  • スバル・フォレスター 新型(北米仕様)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ