ホンダ「CIVIC&CR-Xミーティング」 6月15日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ホンダ「CIVIC&CR-Xミーティング」 6月15日
ホンダ「CIVIC&CR-Xミーティング」 6月15日 全 3 枚 拡大写真
今週末の15日(日)に、ホンダ系遊園地の多摩テック(東京都日野市)で、ホンダの2輪・4輪が集うイベント「2008 Honda Classic Meeting」の第3弾「CIVIC&CR-Xミーティング」が開催される。

『シビック』は「あらゆる人々のクルマ、世界市民のベーシック・カー」をコンセプトに、72年登場したコンパクトカー。世界累計生産台数1600万台を誇り、現在も160か国以上で販売されている。ホンダが世界に展開する基盤となった車種だ。

一方の『CR-X』はシビックの姉妹車として、「ふたりのためのバラードスポーツ」として83年にデビュー。新素材をボディ各部に採用し、軽量化を実現。84年と87年にはFFスポーツとしての走りをより追求すべく、エンジンを強化している。92年にはオーナーのその日の気分でクーペとオープンのふたつのボディスタイルを使い分けられる「CR-Xデルソル」がデビューした。

会場は多摩テックゆうえんちモートピア。車輌展示は「青空ひろば」で行なわれる。9時30分から車輌展示が始まり、ファン交流ミーティングやゲストトークショー、サイン大会、ゲーム・クイズ大会、投票結果表彰式などのイベントを予定。ゲストは、元・本田技術研究所常務取締役の伊藤博之氏が発表されている。

《デイビー日高》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  4. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  5. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  6. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  7. 自然と共に過ごす英国文化が生きるジャガー『F-PACE』。プロサーファー視点から見えた魅力とは?PR
  8. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る