日産の中国工場、東風日産の累計生産が100万台

自動車 ビジネス 企業動向
日産の中国工場、東風日産の累計生産が100万台
日産の中国工場、東風日産の累計生産が100万台 全 1 枚 拡大写真
日産自動車は19日、東風日産乗用車公司(東風日産)の累計生産台数が2003年の同社設立以来、100万台に達したと発表した。

100万台目の生産車種は同日オフラインし、11月初旬に発売される新型『エクストレイル』(中国名『奇駿』)だった。

エクストレイルは今年、東風日産から発売される4車種目のモデル。現在、高級・中級セダン、ハッチバック、ミニバン、クロスオーバーを生産する東風日産は、SUVのエクストレイルの投入で、中国において乗用車のラインアップが揃うことになる。

東風日産の『シルフィ』、『リヴィナ』シリーズ、『キャシュカイ』、エクストレイルは花都工場(広東省)で、『ティアナ』は襄樊工場(湖北省)でそれぞれ生産する。

日産の中国における2008年1 - 8月の累計販売台数は35万4437台で、前年同期比20%増と好調、日産では2008年(1 - 12月)の中国での販売目標を50万台に設定している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東武バス
  • マーチニスモS(ニスモパーツ装着車)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • 日産 ローグ 新型
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV