【パリモーターショー08】世界最速オープン…SLRマクラーレン

自動車 ニューモデル モーターショー
【パリモーターショー08】世界最速オープン…SLRマクラーレン
【パリモーターショー08】世界最速オープン…SLRマクラーレン 全 7 枚 拡大写真
ダイムラーAGは9月29日、10月2日に開幕するパリモーターショーでメルセデスベンツ『SLRマクラーレンロードスター』の性能をさらに引き上げた限定車、「722S」を発表することを明らかにした。0-100km/h加速3.7秒、最高速度335km/hという世界最速のオープンスポーツだ。
 
722Sはクーペモデルが2006年のパリモーターショーで発表。ロードスターでの設定は今回が初となる。車名は1955年のミッレミリアで優勝した伝説のスポーツカー、『300SLR』のゼッケンナンバーが722だったことに由来している。
 
SLRマクラーレンロードスター722Sは専用チューンのAMG製5.5リットルV8スーパーチャージャーを搭載。最大出力は650ps、最大トルクは83.6kgmを発生する。ベース車に対して24ps、4.1kgm強力なエンジンだ。この結果、0-100km/h加速は0.1秒短縮して3.7秒、最高速度は3km/hアップの335km/h。ダイムラーは「世界最速の量産オープンスポーツ」と説明している。
 
722Sには、F1参戦から得られたノウハウを投入。フロントスポイラーやリアのディフューザーはカーボンファイバー製で、ブレーキにはカーボンとセラミックを使用する。ベース車よりも10mm車高ダウンした足回りは、さらに固められ、専用の19インチアルミホイールを装着。5速ATはパドルシフト付きで、2つのシフトプログラムが選択できる。
 
ソフトトップの開閉はベース車と同様にセミオート式。頭上のロックを解除して、電動スイッチを押すだけ。約10秒でトップの開閉は完了する。
 
722Sは世界限定150台を販売。F1マシンと同じ英国のマクラーレン工場でハンドメイド生産され、欧州では2009年1月から販売される。価格は公表されていないが、クーペの722Sが6300万円だったことを考えると、1000万円高の7300万円程度と予想されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラツーリングスポーツ(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ・ハッチバック(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター・コンセプト(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ(パリモーターショー2018)
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV