11月の米新車販売、日本3社も3割以上減少

自動車 ビジネス 企業動向
11月の米新車販売、日本3社も3割以上減少
11月の米新車販売、日本3社も3割以上減少 全 4 枚 拡大写真
自動車各社が2日発表した11月の米国新車販売速報によると、トヨタ自動車など日本大手3社はいずれも前年同月比で3割以上の大幅な落ち込みとなった。

トヨタは33.9%減の13万307台で、昨年12月から丸1年連続して減少した。主力の『カムリ』は29%減少、ハイブリッドの『プリウス』も48%のマイナスとなった。

ホンダは31.6%減の7万6233台だった。同社もこれまで比較的順調だった『シビック』が、同月は30%のマイナスとなっている。日産は42.2%減の4万6605台と、3社では最も大きな落ち込みとなった。総市場は36.7%減と今年最悪であり、年率換算は1018万台で28年ぶりの低水準になった。

《池原照雄》

ピックアップ