【ボローニャモーターショー08】VW ゴルフプラス…大幅マイナーチェンジ

自動車 ニューモデル モーターショー
【ボローニャモーターショー08】VW ゴルフプラス…大幅マイナーチェンジ
【ボローニャモーターショー08】VW ゴルフプラス…大幅マイナーチェンジ 全 4 枚 拡大写真
フォルクスワーゲンは3日、ボローニャモーターショーでマイナーチェンジした『ゴルフプラス』を発表した。フロントマスクのフェイスリフトを行い、新型『ゴルフ』のイメージに近い表情を手に入れた。

フロントはグリルやバンパーのデザインを一新。ボディサイズは未公表だが、全高は従来よりも若干低くなっているという。その大きな要因がボディ一体デザインのルーフレールで、スタイリッシュに見せる効果を生んでいる。

リアにはフルカラーバンパーとLEDテールランプを新採用。またオプションでゴルフプラス初の18インチアルミホイールを設定し、従来よりもスポーティな雰囲気を盛り上げている。

インテリアは好評の広い空間や使い勝手の良さに磨きをかけた。インパネは旧型ゴルフと共通だが、クロームモールやメーター類のホワイト照明などを追加。フォルクスワーゲンは「クラス最高のクオリティを備えたインテリア」と自信を見せる。

また、従来通り「スポーツライン」と「コンフォートライン」の2トリムを用意。スポーツラインは黒基調のシックなインテリア、コンフォートラインはベージュ基調のラグジュアリーな空間となる。

エンジンはガソリンとディーゼル数種類。ガソリンのメインは1.4リットル直4・TSI(122ps)で、欧州複合モード燃費15.9km/リットル、最高速度200km/hの実力。ディーゼルは最大出力90ps-140psのワイドレンジとなるが、中でも2.0リットル直4・TDI(140ps)は、欧州複合モード19.6km/リットルの燃費と、135g/kmのCO2排出量を両立したクリーンユニットとして注目できる。

ミッションは5速または6速のMTが基本で、DSGは6速と7速タイプが用意される。オプションでゴルフプラスとしては初の「パークアシスト」も設定。リアビューカメラがリバースギアに連動し、モニターに駐車の参考になるガイド線を表示する最新仕様だ。

マイナーチェンジしたゴルフプラスは欧州で2009年春に発売予定。日本にはその後、導入される。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 前回(2012年)のボローニャモーターショー
  • 特別なイエローで仕上げられたメルセデスベンツSLK55AMGとドゥカティ848ストリートファイター
  • フェラーリ599XXエボリューションパッケージ
  • アバルト500をベースにしたレース専用車、アバルト695アセットコルセ
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2008/12/04/117368.html/article/2008/12/04/117367.html/article/2008/12/04/117369.html