アロンソ「スタンダードエンジン導入ならF1引退も」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
アロンソ「スタンダードエンジン導入ならF1引退も」
アロンソ「スタンダードエンジン導入ならF1引退も」 全 1 枚 拡大写真
コスト削減のためにFIAが2010年からの導入を目指しているスタンダードエンジン制。コンストラクターズから大反発を受けているが、反発しているのはメーカーだけではない。

ダブル・ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソも導入が実現されれば、F1を去るかもと発言している。

「もしそれが承認されれば、僕は引退を考えるだろうね。2005年は1000馬力もあるV10エンジンがあった。それこそドライバーにとってエキサイティングなものだった。限界ギリギリで勝負することこそモーターレーシングの神髄。グリップや電子制御などすべてなくしてしまうことは、過去へ戻るようなものだ」とアロンソは語っている。

《編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ