【スズキWRC】09年以降の参戦を休止

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【スズキWRC】09年以降の参戦を休止
【スズキWRC】09年以降の参戦を休止 全 3 枚 拡大写真
スズキは、2008年から『SX4』で参戦したばかりのFIA世界ラリー選手権(WRC)の参戦活動を、2009年から休止すると発表した。業績が急速に悪化しているため。F1ではホンダが撤退を決めており、世界的な需要低迷が続く自動車メーカーが相次いでモータースポーツ活動を縮小する。

スズキは、昨今の世界的な経済不安に伴う自動車販売の縮小を受けて、日本をはじめ世界各地の工場での四輪車生産計画を見直している。しかし、世界経済が短期的には回復せず、今後、厳しい市場環境が続くと予想、今後も持続的に企業が成長するためにも、各事業の見直しを進め、生産体制、環境対応技術、次世代パワーユニットの開発などに経営資源を集中する必要があると判断、2009年以降のWRCへの参戦を当面の間見送ることにした。

スズキは、2002年にジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に『スイフト』(海外名『イグニス』)で参戦して以来、同クラスで2度のドライバーズチャンピオンを獲得した。スイフトのモデルチェンジに合わせて、2008年からはJWRCからWRCにステップアップした。
 
同社では、これまでのJWRC、WRCへの参戦は、商品開発、販売促進に多くの効果をもたらしたのに加え、スズキ4輪車のスポーティなイメージを醸成し、特に欧州でのスズキブランドの向上に大きく貢献した。
 
同社では「スイフト・スーパー1600」でジュニア世界ラリー選手権(JWRC)と、欧州をはじめとした各地域のラリーに参戦しているカスタマーへのサービスは継続する。
 
スズキは11日付けで技術畑出身の津田紘社長COO(最高執行責任者)が健康上の問題を理由に急きょ退任して鈴木治会長CEO(最高経営責任者)の社長兼務を決めたばかり。今回のWRC参戦中止の決定は、技術畑のトップ不在の中、断行されたため、トップ人事の背景で憶測を呼びそうだ。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ