ホンダ CBR1000RRレースベース車 を一部改良…スピードセンサーを装備

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ホンダ CBR1000RRレースベース車 を一部改良…スピードセンサーを装備
ホンダ CBR1000RRレースベース車 を一部改良…スピードセンサーを装備 全 1 枚 拡大写真
ホンダは、ロードレース専用車「CBR1000RRレースベース車」の細部の熟成を図り、2009年2月13日から発売する。

今回の変更点は、クラッチ・スプリングのバネレートを高め耐久性を向上させるとともに、ラジエーターのフィンのピッチを細かくすることで、エンジンの冷却性能の
向上を図った。
 
また、ギアポジションや車速を検知するレース仕様のスピードセンサーを標準装備することで、使い勝手の向上を図った。
 
プロダクトマーク(ウイングマーク)のバッジとCBRのステッカーを付属品として同梱している。
 
販売計画は受注生産で国内が年間15台。価格は155万2950円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ グロム レースベース車
  • 中上貴晶選手
  • ホンダ CBR1000RR-Rファイアブレード(グランプリレッド)
  • ホンダe(上)と初代シビック(下)のフロントマスク
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV