コスモ石油、神奈川県にEV用急速充電器を3か所設置へ

自動車 ビジネス 企業動向
コスモ石油は、2009年度中に神奈川県内3か所の給油所(サービスステーション)に電気自動車(EV)用の急速充電器を試験設置すると発表した。

企業・家庭・個人による「環境」「エコ」志向が高まり、2009年度からはEVやプラグインハイブリッド車などの一般販売が順次予定されている。
 
同社は「地球環境との調和と共生」「エネルギーと社会の調和と共生」を経営理念に掲げている。神奈川県が進めている、2010年度までに急速充電器30基を設置するEV充電インフラの整備と、2014年度までに3000台のEVを県内に普及させる計画に賛同、社会や消費者のニーズを捉えるため、急速充電器を設置する。
 
急速充電器の設置にあわせて同社社有車にEVを試験導入し、顧客の視点から給油所でのEV向けサービスや利便性の向上を図っていく。
 
具体的な設置場所、充電機器の仕様などの詳細については決まり次第公表するとしている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Response.TV