VWジャパン、輸入車シェアで9年連続トップ

自動車 ビジネス 企業動向
VWジャパン、輸入車シェアで9年連続トップ
VWジャパン、輸入車シェアで9年連続トップ 全 2 枚 拡大写真
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2008年暦年での日本市場での新車登録台数(乗用車)が4万5522台、前年比12%減となり、純輸入車シェアが23.7%を記録して9年連続で輸入車ブランドトップを達成したと発表した。

純輸入車市場が前年比16%減という厳しい環境の中で健闘し、シェアを前年より1.1ポイント伸ばした。

同社のグラシモス・ドリザス社長は「国内の乗用車市場が大変厳しい中でも、高い品質を備えたフォルクスワーゲン車に顧客から高い支持を得たと受け止めている。特に、高性能と低燃費を両立させた環境対応型のTSIエンジンとDSGトランスミッション搭載モデルは、昨夏のガソリン価格の高騰以来、顧客の低燃費志向が強まったこともあり、ますます需要が高まった」としている。

同社は2009年に6世代目の『ゴルフ』や、スポーツクーペ『シロッコ』などの新型車を導入する計画。さらに、昨秋導入した『ティグアン』『パサートCC』の拡販や販売ネットワーク、アフターサービスの質の向上を図り、日本におけるフォルクスワーゲンブランドの存在感を高めていく方針だ。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ