スバル富士重、投資20%削減や役員賞与ゼロなど…緊急対策

自動車 ビジネス 企業動向
スバル富士重、投資20%削減や役員賞与ゼロなど…緊急対策
スバル富士重、投資20%削減や役員賞与ゼロなど…緊急対策 全 1 枚 拡大写真
富士重工業は、今期最終赤字に転落する見通しとなるなど、業績が急激に悪化しているのに対応して「緊急対策」を実施すると発表した。

基本方針として「出を制すの費用削減を推進」を掲げる。設備投資や開発投資などの計画を見直すとともに、それぞれの投資計画で20%以上の削減を検討する。一般管理費・販売費も削減するとともに、人件費も見直す。
 
具体的には、取締役の賞与をゼロとし、取締役・執行役員の報酬も10%カットする。管理職の賃金見直しも検討する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • WCMSマーク ロゴ
  • 群馬大学 平塚浩士学長(左)とスバル 藤貫哲郎執行役員
  • まもなく発売される新型レヴォーグ。写真はプロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ