【デトロイトモーターショー09】インサイト 新型…日米で同じところ、違うところ

自動車 ニューモデル モーターショー
【デトロイトモーターショー09】インサイト 新型…日米で同じところ、違うところ
【デトロイトモーターショー09】インサイト 新型…日米で同じところ、違うところ 全 4 枚 拡大写真
デトロイトモーターショーでお披露目された新型ホンダ『インサイト』。アメリカンホンダモーターの広報部中村勉さんによると、ショーに展示されている車両は2月に正式発表・発売される「日本の新型インサイトと基本的に同じ」だという。

日本仕様と異なるのは、ステアリング位置や灯火類など交通環境と法規への対応やカーナビ関連など。そして、日本仕様には用意のないスペアタイヤを積んでいる(日本ではパンク修理キットを用意する)関係で、ラゲッジルーム床下のスペースが狭くなっている。細かい部分では、ルーフ後端のアンテナも日本仕様より若干小さいようだ(日本仕様ではワンセグにも対応するため)。

また、マニアックだが、北米の追突基準にあわせた後突対応のため、バンパー内部の骨(レインフォース)が大型化されているという。オーバーハングに装着したレインフォースの大型化により、日本仕様に比べると重量配分も後ろ寄りになっている(感じ取れるほど走りに影響しているかは微妙だが)。

ハイブリッドの制御関係は、「日本仕様も北米仕様も変わらない」という。

《工藤貴宏》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV