ジェイテクト、80億円の最終赤字見通し…320億円の黒字から一転

自動車 ビジネス 企業動向
ジェイテクトは、2009年3月期の通期連結業績で、最終損益が80億円の赤字になる見通しを発表した。

自動車業界向けが低迷しているほか、投資有価証券評価損などで、従来予想の320億円の黒字から一転して最終赤字に転落する。

売上高は1兆500億円から1兆円に、営業利益は580億円から210億円、経常利益は580億円から130億円にそれぞれ下方修正した。

自動車業界向けを中心に販売が前回予想を下回る見込み。また、売上げ減に加え、為替が円高で推移していることから為替差損が発生した。

業績見通しの下方修正にあわせ、1株当たり13円を予定していた期末の配当についても「未定」に変更した。

《レスポンス編集部》

ピックアップ