【パッソセッテ/ブーンルミナス 発表】2列目に180cm+・90kg+クラスの人の3人掛けはさすがに…

自動車 ニューモデル 新型車
【パッソセッテ/ブーンルミナス 発表】2列目に180cm+・90kg+クラスの人の3人掛けはさすがに…
【パッソセッテ/ブーンルミナス 発表】2列目に180cm+・90kg+クラスの人の3人掛けはさすがに… 全 6 枚 拡大写真
ダイハツとトヨタの共同開発による、3列車『パッソセッテ』&『ブーンルミナス』。180cm+・90kg+チェックの続いては、2列目に記者クラスが3人乗り込めるかどうかだ。無理やり押し込めば乗れないこともない、というところだろう。

後部ドアは非常に大きく、開口幅は最大で935mmある。2列目はもちろん、3列目への乗車もかなり楽だ。開度は3段階に設定でき、最大で約70度となっている。

1-2列目の間隔は880mmで、2-3列目は750mm。3列目への乗車を考慮すると、1列目にはできるだけ前に出てもらわないとならない。記者が助手席に座ってできるだけ前に出した状態で2列目に座ったところ、ヒザ周りはギリギリシートバック背面に当たるか当たらないか、というところであった。

横3人掛けだが、シート幅が1225mmなので、お尻の幅が約45cmの記者だと、単純計算で不可能。お尻を押し込めたとしても、室内幅は1415mmのため、3人揃ってシートに背を預けるのは無理。記者は肩幅が60cm、普通に座って左右のヒジの間は75cmぐらいあるので、どうやっても中央の人が体を前に倒さない限り無理というわけだ。

一方、高さに関してはまったく問題ない。左右席も中央席も、座面からシート角度に沿った天井方向への高さは1010mmもある。なので、記者クラスが2列目に乗る場合は、ふたりまでなら普通に乗れる、というわけだ。

ドア内側のアームレストは太めで、記者でもひじを置きやすかった。2列目は中央で5対5に分割した形で、それぞれ独立してシートを前後150mmスライドさせられるので、中央のアームレストはない。また、床はほぼフラットになっており、通り抜けやすかった。

《デイビー日高》

【画像】【パッソセッテ/ブーンルミナス 発表】2列目に180cm+・90kg+クラスの人の3人掛けはさすがに…(6枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  5. ホンダ CT125・ハンターカブ、新色「パールオーガニックグリーン」追加へ
  6. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  7. 進む阪神・大阪梅田駅の改良工事…新1番線ホームが完成、ホーム拡幅への第1歩 10月30日
  8. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  9. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  10. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
ランキングをもっと見る