【ホンダ ゼストスパーク】180cm+・90kg+…長身でも乗り降りしやすい

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ ゼストスパーク】180cm+・90kg+…長身でも乗り降りしやすい
【ホンダ ゼストスパーク】180cm+・90kg+…長身でも乗り降りしやすい 全 9 枚 拡大写真
昨年末の12月26日にマイナーチェンジとなった、ホンダの軽自動車『ゼスト』。走りの要素も加えられた『ゼスト スパーク』に180cm+・90kg+の体格の記者が乗り込み、体を使って居住スペースをチェックしてみた。まず運転席は、スペース的な問題が一切ない。

座っても天井までコブシひとつ分の余裕はあるし、乗り込む時も非常に楽だ。ドアの開度に関する資料はないが、フロントもリアもドア先端から車体までの距離が最大で965mmまで開く設計(見た感じの角度は70 - 80度ぐらい)。車高が1645mm、室内高も1340mmということもあり、頭をぶつける心配もなくスルッと乗れ、余裕を持って運転できる。実際、長身の人が頭を傾けずに乗り降りできるよう、設計上配慮を行っている模様だ。また、シフトノブ(セレクターレバー)がセンターインパネにあるので、前席もフロアがフラットで、通り抜けが楽に行える。

運転席からの視界も取り立て気になる部分もない。さらに、ヒザ周りのステアリングの干渉や、足下のスペースの問題もない。結構ピタっと来る感じなので、とても気持ちよく運転できそうな1台である。

《デイビー日高》

この記事の写真

/

ピックアップ