【パッソセッテ/ブーンルミナス 発表】180cm+・90kg+…3列目は高さが足りない

自動車 ニューモデル 新型車
【パッソセッテ/ブーンルミナス 発表】180cm+・90kg+…3列目は高さが足りない
【パッソセッテ/ブーンルミナス 発表】180cm+・90kg+…3列目は高さが足りない 全 6 枚 拡大写真
ダイハツとトヨタの共同開発による、3列車『パッソセッテ』&『ブーンルミナス』。180cm+・90kg+チェックのラストは3列目だ。

後部ドアの開口幅は最大935mmあるため、3列目にも非常に乗りやすいのがポイント。また、ウィンドウもかなり後方まであり、3列目の割には意外と開放感がある。

3列目の問題は、一気にフロアが高くなること。そのため、座面から天井までのデフォルトのシート角度に沿った高さも920mmしかない。ヒップポイントから計測すればもう少しあるだろうが、座高1mの記者は正直きつい。低床化をうたっているのなら、ここはもう少し高さを確保してほしかったところである。

2-3列目の前後間隔は750mmで、記者クラスだとあまりヒザ周りは余裕があるわけではない。そのため、深く腰掛ける必要が生じるわけだが、そうすると天井に頭がこすれてしまう。シートにリクライニング機能があればいいのだが、左右一体になっている3列目のシートは、その機能がない。なかなか記者クラスの体格で3列目も余裕で乗れるクルマというのはそうそうないのだが、パッソセッテとブーンルミナスも、子供や小柄な人じゃないと厳しいといわざるを得ない。

そのほかに気になった点は、3列目にアームレストがない点。ドリンクホルダーとポケットがちょうど腕を置きやすい位置にあるのだが、大きな穴がふたつもあるため、腕を置くとちょっと痛かったりする。フタをできるようにしてもよかったのではないかと思うが、3列目への乗車は子供が大多数ということで、アームレストはいらない、という判断なのかも知れない。

《デイビー日高》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV