【リコール】トヨタ ヴィッツ など52万6000台…座席ベルトとEGR

エコカー 燃費
【リコール】トヨタ ヴィッツ など52万6000台…座席ベルトとEGR
【リコール】トヨタ ヴィッツ など52万6000台…座席ベルトとEGR 全 3 枚 拡大写真
トヨタ自動車は28日、『ヴィッツ』『ベルタ』『ラクティス』の、座席ベルトと排気ガス再循環装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2005年1月18日 - 2008年4月7日に製作された3車種計52万5898台。

座席ベルトの不具合は、センターピラー下部のベルトテンショナ(衝突時に座席ベルトの緩みを瞬時に巻き取る装置)付前席ベルト巻き取り装置付近に遮音補助材を設定したため、ベルトテンショナが作動した際に発生する高温ガスにより補助材が溶損し、火災に至るおそれがある。

全車両補助材を取り外す。不具合発生件数は2件で市場からの情報で発見した。火災事故が1件起きている。

また、排気ガス再循環装置(EGR)のパイプ強度が不足しているため、排気ガスの熱によるパイプの伸縮で、パイプに亀裂が発生して異音とともに排気ガスが漏れ、排出ガスが基準値を満たさなくなるおそれがある。

全車両、パイプを対策品と交換する。不具合発生件数は28件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド
  • 改善箇所
  • 改善箇所
  • メルセデスベンツS560
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ