【シカゴモーターショー09】フォードトーラス 新型…SHOの現地写真

自動車 ニューモデル モーターショー
【シカゴモーターショー09】フォードトーラス 新型…SHOの現地写真
【シカゴモーターショー09】フォードトーラス 新型…SHOの現地写真 全 7 枚 拡大写真
フォードは11日、シカゴオートショーで5代目トーラスのハイパフォーマンスモデル『トーラスSHO』を発表した。

先のデトロイトショーで発表されたフルサイズセダン5代目『トーラス』に追加された「SHO」とは「スーパー・ハイ・アウトプット」の頭文字。その名の示す通りのハイパワーバージョンだ。

SHO初代は、当時のベストセラーセダンのトーラスにヤマハ製のV6DOHC24バルブエンジンを搭載。3代目はV8エンジンとなり1989年から1999年の間に10万台以上を販売した。現在も全米で1万以上のエンスージアストによるオーナークラブが展開されている異色セダンだ。

復活を果たした新型に搭載されるV6エンジンの排気量はノーマルと同じ3.5リットルながらもSHO用にツインターボ化された直噴ガソリンエンジンの「エコ・ブースト」。ノーマルより100hpアップした365hpを5500rpmで発揮する。トランスミッションはパドルシフター付きの6速ATで、駆動方式はハイパワーを無駄なく活かすために全輪駆動が採用された。

ノーマルトーラスとの外観上の相違点は「SHO」専用のペイント仕上げの19インチホイール、フロントグリル、スモールランプベゼル、クロームメッキされたデュアルエクゾースト、トランクリッドに装着されたリアスポイラーなど。インテリアはスエード調インサートを持つレザーシート、革巻きステアリングホイール、ペダル類を含めたアルミトリムと専用フロアマットでスポーティーな味付けが施されている。

最新のトーラスに含まれるプッシュボタンスターター、パーソナライズキー等の他、オプションとしてアダプティブクルーズコントロール、リアビューカメラ、衝突防止ブレーキサポート、ブラインドスポット・インフォメーション・システム、駐車場からバック出る際に接近してくる車両を検知するクロス・トラフィック・アラートといった安全装備も充実。

トーラス同様、音声認識ナビやSYNC、ソニー・オーディオ・システムなども用意された。さらに高性能な『SHOパフォーマンスパッケージ』には高性能ブレーキパッド、20インチのミシュラン製サマータイヤと加速性能に優れた最終原則比3.16対1のギア比を組み込まれる。

トーラスSHOは、ベースプライス3万7995ドルで今夏に発売が予定されている。

《ケニー中嶋》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・シビック・タイプR 改良新型の北米仕様(シカゴモーターショー2020)
  • ジャガー Fタイプ 改良新型(シカゴモーターショー2020)
  • レクサス RC 改良新型(北米仕様)
  • レクサス RC F 改良新型のトラックエディション(北米仕様)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ