【バンコクモーターショー09】カローラ はガソリンでもCNGでも走る

自動車 ニューモデル モーターショー
【バンコクモーターショー09】カローラ はガソリンでもCNGでも走る
【バンコクモーターショー09】カローラ はガソリンでもCNGでも走る 全 10 枚 拡大写真
バンコクモーターショーのトヨタブースには、一見したところ普通の『カローラ』が展示されていた(『アルティス』と呼ばれる世界仕様で日本仕様とは異なる)。しかしこのカローラ、中身がちょっと変わっている。なんと、ガソリンでもCNG(圧縮天然ガス)でも入るバイフューエルモデルなのだ。

ガソリンタンクに加え、トランクには75リットルのCNGタンクを装着(まるでタクシーのようだ)。インパネのスイッチを押すことにより、CNGとガソリンを切り替えて走ることができる仕掛けになっている。

タイはCNGのインフラがある程度整備されているうえに、国の政策によりCNGの価格は低く抑えられている。CNGはタイでもっとも安く入手できる燃料なので、ランニングコストを抑えることができるのだ。

そのため、普段はCNGで走り、CNGが入手できなかったときだけガソリン(アルコールを20%混ぜたE20にも対応している)で走るというのがこのカローラの正しい使い方だろう。ただし、CNGによる走行時はガソリンに比べて出力が10%程度落ちるという。

トヨタのタイ現地法人は、『ベンチュリー』(乗用の『ハイエース』)でもCNGバージョンを計画しているようだ。

《工藤貴宏》

この記事の写真

/