アストンマーチンの4ドアスポーツ、ベールを脱ぐ

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーチンの4ドアスポーツ、ベールを脱ぐ
アストンマーチンの4ドアスポーツ、ベールを脱ぐ 全 5 枚 拡大写真
アストンマーチンは15日、開発中の新型4ドアスポーツカー、『ラピード』(RAPIDE)の概要を明らかにした。ラピードは9月のフランクフルトモーターショーで正式デビューを飾り、2010年初頭から販売がスタートする。

アストンマーチンがラピードの名前を最初に使用したのは、1961年。『DB4』をベースにした4ドアモデル、『ラゴンダラピード』がそのモデルだ。しかし、わずか4年で生産中止に追い込まれる。

新生ラピードは、2006年1月のデトロイトモーターショーで披露された『ラピードコンセプト』を市販化したもの。『V8ヴァンテージ』や『DBS』などと同様に、ひと目でアストンマーチンとわかるアイデンティティを維持しながら、伸びやかなフォルムを持つ4ドアスポーツを完成させた。

サイドドアは「スワンウイング」方式を採用。少し上方に開いた後、外側に開口し、後席へのアクセス性を高めている。内装の写真は公表されていないが、独立4シーターのキャビンは、最高の素材が吟味され、快適な移動空間に仕立てられるという。

パワーユニットは、6.0リットルV12(476ps、61.2kgm)をフロントに搭載し、後輪を駆動。「タッチトロニック」と呼ばれる新トランスミッションが用意される。エンジンはアストンマーチンの職人により、1基1基ハンドメイドで組み上げられる。

ラピードは9月のフランクフルトモーターショーで正式発表された後、2010年初頭からデリバリー開始予定。現在、ドイツ・ニュルブルクリンクのテストセンターで、最終仕上げが行われている段階だ。エンジンなどの主要メカニズムはアストンマーチンの英国工場で製造。車両の組み立ては、オーストリア・マグナシュタイア社のグラーツ工場に委託される。

新型ラピードはポルシェ『パナメーラ』と競合することになるが、アストンマーチンは「新型ラピードは世界で最もエレガントな4ドアスポーツカー」と自信満々。高級4ドアスポーツカーに、またひとつ新たな選択肢が加わった。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アストンマーティン初のレーシングシミュレーター「AMR-C01」
  • 現フェラーリのセバスチャン・ベッテル。レーシングスーツはフェラーリ1000レース参戦となる今季第9戦トスカーナGP(9月11~13日)の仕様。
  • アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ 007エディションとヴァンテージ 007エディション
  • ポルシェ カイエン ランボルギーニ ウルス BMW X7 アウディ Q8 アストンマーティン DBX メルセデスベンツ GLS
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ