日本精工09年3月期決算…最終赤字に転落

自動車 ビジネス 企業動向
日本精工が発表した2009年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比68.1%減の221億600万円と大幅減益となった。

売上高は同16.1%減の6475億9300万円と大幅減収となった。自動車メーカーの減産、設備投資需要の急激な減少で自動車向け、電機向け、工作機械向けなどの受注が急激に落ち込んだ。

収益では、売上げ低迷、円高による輸出採算の悪化などの影響で経常利益は同73.8%減の169億6400万円、最終利益は事業構造改善費用や投資有価証券評価損を特別損失に計上、同89.3%減の45億6100万円だった。

今期の業績見通しは売上高が同15.1%減の5500億円、営業利益が同86.4%減の30億円、経常損益が50億円の赤字、最終損益が35億円の赤字に転落する見通し。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Response.TV