スタンレー電気、09年9月中間期決算…大幅な減収減益 自動車機器事業不振

自動車 ビジネス 企業動向
スタンレー電気
スタンレー電気 全 2 枚 拡大写真
スタンレー電気が発表した09年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比64.1%減の73億7100万円と大幅減益となった。

売上高は同34.4%減の1088億9200万円と3割を超える減収だった。自動車生産台数の減少から自動車機器事業が低迷、電子機器事業も不振だった。

収益も売上げ低迷の影響から経常利益は同65.7%減の78億5500万円、当期純利益が同72.7%減の39億8800万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ車や軽にも後付け可能なオートスライドドアキット
  • 車両周辺の凹凸や落下物を3D化して検知して、距離や状況を図る「3D Dtection System」など、光学技術を使った出展が注目されたスタンレーのブース
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • レイブリック『スライドドアオープナー』
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV