【SEMA 09】スズキ、北米専用トラックのイクエーターをチューニング

自動車 ニューモデル モーターショー
イクエーター ICONビークルダイナミクス
イクエーター ICONビークルダイナミクス 全 3 枚 拡大写真
米国スズキは、3日にラスベガスで開幕するSEMAショーに、北米専用中型ピックアップトラック、『イクエーター』のチューニングカー「ICONビークルダイナミクス」を出品する。

SEMAとはスペシャル・エクイップメント・マニュファクチャラー・アソシエーションの略。米国のアフターパーツメーカーの統括組織だ。毎年開催されるSEMAショーは、日本のオートサロン、ドイツのエッセンショーと並んで、世界3大チューニングカーショーに位置づけられる。

スズキは2008年2月のシカゴモーターショーで、イクエーターを発表。日産『フロンティア』のOEMバージョンだが、専用のフロントマスクやリアゲートが、スズキの独自デザインとなる。

このイクエーターをベースに、南カリフォルニアに本拠を置くパーツメーカー、ICONビークルダイナミクス社が腕を奮った。テーマは「本格オフローダー」である。

専用ダンパー&スプリングは、オフロード用セッティング。タイヤはグッドイヤー製「ラングラーMT/R」で、延長された荷台にはスペアタイヤが固定された。アンダーガード、オーバーフェンダー、ドライビングライトも追加されている。

エンジンは日産製の4.0リットルV6ガソリンで、エグゾーストシステムをDOUG THORLEY製に変更。最大出力261ps、最大トルク38.8kgmのスペックは、若干の向上を果たしているもようだ。

米国スズキは2008年のSEMAショーで、イクエーターの米軍トラック仕様を提案。今回のモデルも、それに負けないインパクトを持っている。

《森脇稔》

【画像】【SEMA 09】スズキ、北米専用トラックのイクエーターをチューニング(3枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  4. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  5. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  6. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  7. 商用車にもAMG !? メルセデスベンツ『シタン45』設定のウワサ
  8. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  9. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  10. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
ランキングをもっと見る