【トヨタF1撤退】発表!!---業績が低迷、本業に経営資源を集中へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
アブダビGP(小林)
アブダビGP(小林) 全 6 枚 拡大写真
トヨタ自動車は4日、フォーミュラワン(F1)から今シーズンで撤退すると発表した。同社は業績が回復しているものの、2期連続赤字は避けられない状況で、コスト削減を徹底するとともに、本業に集中するため、F1からの撤退を決断した。

F1からは2008年シーズンでホンダが撤退しており、タイヤのワンメイクサプライヤーのブリヂストンも経費削減のため、2010年シーズンでの撤退を表明している。日本企業はF1からほぼ全面的に撤退する。

スーパーアグリやホンダのF1撤退後、トヨタがF1から撤退するとの観測はたびたび報じられてきたが、パナソニック・トヨタ・レーシングの山科忠チーム代表が、トヨタは2012年までのコンコルド協定を締結しているとして、これまで短期的なF1撤退を否定してきた。

トヨタはグローバル展開する一環と、トヨタグループ従業員に夢を与えるとの目的から2002年に自動車レースの最高峰であるF1に参戦した。2005年シーズンにコンストラクターズ4位となった以外は、チーム成績は全体的に低調だったが、2009年シーズンにシンガポールGPと日本GPでチーム最高成績となる2位となった。

トヨタは、業績が低迷している中で、住宅事業をトヨタホームに移管するなど、自動車の開発・生産・販売という本業に経営資源を集中させている。F1撤退もこうした一環。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1アメリカGP
  • MEGA WEB・F1カー乗り込み体験会
  • 2014年トヨタモータースポーツ活動計画発表会に出席した豊田章男社長
  • WRC(写真は1998年)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ