スタンレー電気が南米進出…ブラジルに電子製品・照明器具製造会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向
国旗
国旗 全 1 枚 拡大写真
スタンレー電気は、ブラジルに、電子製品、照明器具、金型を製造する新会社「スタンレー・エレクトリック・ド・ブラジル」を設立した。

経済発展を続けるブラジルでは、エレクトロニクスや自動車市場が急速に拡大しているため、これに対応、現地で電子機器製品、自動車照明機器製品、金型の製造・販売を開始する。

新会社の資本金は7000万レアルで、スタンレー電気が70%、米国の持株会社が30%出資する。従業員数は2011年に50人程度の予定で、2011年に8億円、2012年に19億円の売上げを目指す。

新会社では「生産革新活動」を、設立当初から積極的に取り入れ、先進的で効率的な経営管理、生産手法を早期に確立する。

また、同社は世界最適調達のため、グローバルネットワークの構築を進めており、今回の南米進出により、グループの国際競争力の強化を図る。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ車や軽にも後付け可能なオートスライドドアキット
  • 車両周辺の凹凸や落下物を3D化して検知して、距離や状況を図る「3D Dtection System」など、光学技術を使った出展が注目されたスタンレーのブース
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • レイブリック『スライドドアオープナー』
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV