【ボローニャモーターショー09】イタリア製EVデビュー、米国で普及なるか

自動車 ニューモデル モーターショー
TAZZARI ZERO
TAZZARI ZERO 全 5 枚 拡大写真
イタリアのTAZZARI社は、ボローニャモーターショーにおいて、新型EVの『ZERO』(ゼロ)を正式発表した。

ZEROはシティコミューターEV。ボディサイズは全長2884×全幅1550×全高1400mmと、トヨタ『iQ』よりもひと回りコンパクトな2ドア2シーターだ。ボディは軽量なアルミ製で、車重はわずか542kgである。

動力性能はシティコミューターとして、必要最低限のレベル。モーターは最大トルク15.3kgmを発生。2次電池はリチウムイオンバッテリーで、最高速90km/h、最大航続距離約140kmを確保した。充電は110Vコンセントで約9時間、220Vコンセントで約6.5時間だという。

ZEROは欧州だけでなく、2010年初頭の米国投入が決定しており、今回その価格を2万9900ドル(約265万円)からと公表。米国で普及するか、注目される。

《森脇稔》

【画像】【ボローニャモーターショー09】イタリア製EVデビュー、米国で普及なるか(5枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  5. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  6. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  9. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  10. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
ランキングをもっと見る