トヨタ、リコール作業は40分 2月10日から

自動車 テクノロジー 安全
手振りを交えて説明する豊田章男社長(9日)
手振りを交えて説明する豊田章男社長(9日) 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車で品質保証を担当する佐々木眞一副社長は9日の会見で、新型『プリウス』をはじめとする4車種のリコールについての概要を発表した。

同社は9日午後1時20分(日本時間)、日米同時に当局にリコールを届け出た。国内の新型『プリウス』についてのリコール開始は2月10日から、最寄りのディーラーで実施する。

修理の作業時間は40分程度。ABSシステムのプログラムの書き換えで対応する。対象ユーザーには、購入販売店から9日からリコール対象車であることの通知を始める。

豊田章男社長は「たいへんお手数をかけ申し訳ありませんが、お買い上げの販売店よりまもなくご連絡申し上げます。お客様の都合ですみやかに修理していただきたくことが、信頼回復の第一歩だと考えております」と話した。

なお、販売店での対応が10日から始まるのは新型『プリウス』が先行する。『プリウスPHV(プラグインハイブリッド)』『SAI』レクサス『HS250h』については、準備が整い次第、回収修理を実施する。国内の対象車両は4車種、約22万3000台。

《中島みなみ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所説明図
  • レクサスLSの2009年モデル
  • トヨタ・カムリ(先々代モデル)
  • 福岡モーターショー2014「自動車フォーラム」会場にて
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV