豊田トヨタ社長「訪米も計画している」

自動車 ビジネス 企業動向
豊田章男社長(右)と佐々木眞一副社長(左) 9日の記者会見
豊田章男社長(右)と佐々木眞一副社長(左) 9日の記者会見 全 3 枚 拡大写真
トヨタ自動車の豊田章男社長は9日、『プリウス』などハイブリッド車(HV)4車種のリコールについて東京本社で記者会見した。冒頭、豊田社長は「トヨタ車の安全性についてご心配、ご迷惑をおかけしたことを改めてお詫びします」と陳謝した。

そのうえで「品質はトヨタの生命線という方針を徹底し、従業員、販売店、仕入先と一体になって信頼回復に努めたい」と強調した。

会見で豊田社長はアクセルペダル関連の大量リコールを行っている米国について「(対策に)従業員や販売会社、仕入先が一致協力して取り組んでおり、現地現物で彼らを激励したい」とし、訪米の計画を明らかにした。

また、HV関連の米国でのリコールも日本と同日に行ったとし、世界各地域で「速やかに対応する」方針を表明した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所説明図
  • レクサスLSの2009年モデル
  • トヨタ・カムリ(先々代モデル)
  • 福岡モーターショー2014「自動車フォーラム」会場にて
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ