プジョーコネクト 独自テレマティクスの進化版を4月導入

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
独自のテレマティクス「プジョーコネクト」は、4月から欧州で207と308にオプション設定される(写真は207)
独自のテレマティクス「プジョーコネクト」は、4月から欧州で207と308にオプション設定される(写真は207) 全 4 枚 拡大写真
プジョーは18日、4月から欧州10か国で、独自のカーテレマティクスシステム「プジョーコネクト」を導入すると発表した。

プジョーコネクトでは、緊急時に自動通報を行う「プジョーコネクトSOS」、車両故障の際に自動連絡を行う「プジョーコネクトアシスタンス」、法人ユーザー向けの「プジョーコネクトフリート」の3種類のサービスを提供する。

最初にプジョーコネクトを採用するのは、『207』と『308』で、4月からオプション設定。専用機器の価格は、290ユーロ(約3万6000円)だ。さらに、年内発売予定の新型『RCZ』と三菱『i-MiEV』のOEM版、『i0n』には、プジョーコネクトが標準装備される。

すでにプジョーは2003年から、ナビゲーションシステムの「WIP」を通じて、緊急通報サービスを実施。これまでに40万台の車両に導入され、約3500人がサービスを利用した。このうち、約2000人は自動通報サービスだったという。今回のプジョーコネクトは、この進化版に当たる。

プジョーは、「欧州におけるカーテレマティクス分野のリーディングカンパニーを目指す」と、意気込みを語っている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  2. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  3. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  6. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  7. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  8. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  9. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  10. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
ランキングをもっと見る